脱毛中の日焼けはやめよう

脱毛エステに通うことが決まれば、なるべく肌を焼かないようにしておきましょう。日焼けは肌にとって大敵です。日に焼けると肌が乾燥してしまい、施術中に痛んだ肌では痛みを感じる場合があります。
また日焼けして肌が黒くなってしまうと、施術方法にもよりますが肌の色に機械が反応してしまい、効果が薄くなりまた痛みを感じやすくなります。
それに日焼けした肌で施術を受けるということは
・肌が焼けて黒くなっている
・むだ毛の色も黒い黒い
という状態になりますので、機械から見ると脱毛する箇所が分散化してしまっていることになります。ということは、むだ毛の根の部分に十分な効果を発揮できないということになりかねません。
機械にもよりますが、脱毛直後の日焼けも施術の禁止事項にあがっているケースもあります。
特に夏の季節の強い日焼けをしてしまった場合は、十分お手入れして肌が落ち着く秋頃から通い始めるのもよいでしょう。
脱毛中は日焼けをしないように紫外線対策を心がけましょう。
日焼けしてしまった場合は、ちゃんと脱毛サロンに連絡し、今の肌の状態を説明しましょう。担当者のアドバイスを聞きその通りにしましょう。
日焼けをした場合は保湿を心がけ、乾燥がやわらぐようにお手入れもしておくことは必須です。

脱毛中は肌を保湿するように努めよう

脱毛エステで脱毛コースに通っている場合、肌の保湿は必須だといえます。
ほとんどのエステで最初の段階で
「脱毛中は日焼けをしないように気をつけてください」
「脱毛中は肌の乾燥を防ぎ十分な保湿をしてください」
と言われるでしょう。
脱毛中の肌の保湿についてもう少し掘り下げて考えてみましょう。
毎日肌のお手入れをされている方はいいのですが、男性の場合は普通肌の保湿などしないでしょう。
お風呂に入ったあとや洗顔の後はタオルでふくだけで終わる方がほとんどだと思います。
この状態では肌が乾燥します。しかし、この状態がさらにすすんでいくと
・肌が乾燥し、施術効果が出にくくなってしまう
・乾燥すると敏感肌に変化しやすく、肌のトラブルが発生しやすい状態になる
・肌が乾燥していると施術中に痛みを感じやすくなる
・肌が乾燥していると皮膚のターンオーバーが遅くなり回復に時間がかかる
ということが容易に想像できます。
これらは脱毛するしないに関係なく、日常生活の中で肌を大切にするためには保湿が欠かせないことの証拠ですので、ぜひ心がけていきましょう。
特に脱毛後は、肌は乾燥し敏感になっています。それで施術後は家に帰った後も化粧水、ローション、オイルなどで肌をケアし、いたわりましょう。
刺激するようなことは避けましょう。